銀行カードローンは大変便利です

カードローンやキャッシングと聞くと、金利が高くて返せなくなったらどうしようなどのネガティブなイメージがありますが、とても良いメリットもあります。私自身の経験でもありますが、銀行カードローンを持っておくと大変便利でいざという時に助かります。私自身の体験ですが、突然病気になってしまって急遽入院することになりました。独身であるとともに、地方から上京して一人暮らしの状態だっため銀行の残高管理をしてくれる身内がだれもいませんでした。手術をする入院だったため、安静のために身動きがとれなかったので外出もできないまま、家賃や日々の生活費、加入している生命保険の引き落としが行われてしまいました。私はギリギリで生活していたのですが給料口座と引き落とし口座が違うために、毎月給料が入ったら引き落とし口座に入金しなければならない状態でした。そんな中、給料を移すことができずに引き落としの日を迎えてしまい残高が足りない状態でしたが、銀行カードローンは引き落とし残高が足りない場合に自動で借り入れをしてくれるので生命保険など引き落としが厳しいものに対して対処ができてとても助かりました。銀行カードローンはもしものためにとても便利なものなので一枚はもっていてもいいものだと思います。

通常のカードローンとレディースローンの違い

消費者金融のカードローンの利用者は増加傾向にあるそうですが、利用者の約7割は男性と言われています。女性にとっては、消費者金融はまだまだ利用しづらい雰囲気があるようです。女性の利用者を増やそうと、大手消費者金融では女性向けのカードローン(レディースローン)を始めたところもあります。レディースローンの特徴は、全ての手続きがWeb上で完結するので、店舗や無人契約機に出向くことなくキャッシングができる、女性オペレーターが対応するレディース専用ダイヤルがあるという点です。が、実は通常のカードローンでも来店不要でキャッシングは可能ですし、オペレーターはもともと女性であることが多い。レディースローンという名前が付くことで、借り入れしやすい雰囲気になったのは確かですが、カードローンの申し込みを考えている場合は、通常サービスとどこが違うのかもよく確かめた方がよさそうです。専用ダイヤルで、自分にとってはレディースローンと通常のカードローンのどちらが得か、相談してみるのもいいと思います。

便利なキャッシングで苦しむことがないようにしていきましょう

キャッシングは便利なサービスだと思いますが、お金を借りることなので申し込む前には利率のことや返済方法などキチンと調べておいたほうが良いと思います。どの金融機関に申し込むにしろ、これから利用しようとするキャッシングの仕組みを正確に把握しておくことがキャッシングを安全に利用していくことに繋がるはずです。キャッシングを利用するうえで把握しておくべきいちばん大切なことは利息がどれくらいになるのかだと思います。借りたお金に対する利息がどれくらいになるのか判らないままキャッシングを利用するの絶対にしてはいけません。利息は借りたお金と借入利率と借入期間から求めることができます。借入利率は金融機関によって決められますが、借入金額と借入期間は利用者側の自由が効きます。キャッシングを利用する前に利息がどのくらいになるのかを計算して、思っていたより利息が大きくなるのであれば借入金額を減らしたり、借入期間を短くすることができないかなどを検討して返済が楽になるよう工夫していきましょう。便利なキャッシングで苦しむことがないようにしていきましょう。

おすすめ提携サイト

お金を借りる教習所

http://okane-kyosyujo.com/

キャッシングにおける融資限度額の実態とは

よくカードローンのWEB広告を見ていると「最高融資限度額800万円」などという広告を見かけます。特に銀行のカードローンなどは総量規制の対象外となる為、年収の1/3を超えての、そのような大きな借入れが可能では?と思いがちです。今回はそんなキャッシングにおける融資限度額の実態について触れたいと思います。確かに銀行カードローンを利用する場合には、消費者金融で適用される総量規制の対象にはなりません。しかし銀行カードローンの際にも当然審査は行われます。この審査の際に重要視されるのは「返済比率」というものです。返済比率とは、つまり年収に対して、ローンなどの借金返済に充てる金額がどれくらい占めているか?という指標のことです。一般的に理想的な返済比率は年収の25%~30%と言われています。したがって、いくら総量規制の対象外といっても、年収に対して過度の融資が行われることはまずありません。したがって、融資限度額については広告を鵜呑みにしないほうが無難と言えます。

キャッシングの審査に不安な人は簡易審査を活用しよう

キャッシングでお金を借りる際に避けて通れないのは審査を通過することです。最近ではインターネットを検索すればかなり詳細な金融機関の審査についての情報を知ることは可能ですが、金融機関は自らの審査基準を公表しているわけではありません。ほとんどの人が審査に通るかどうかの不安を持っています。
そのような場合に活用したいのが簡易審査です。銀行や大手の消費者金融のサイトを見れば、どこかに「簡易審査」「簡易診断」「3秒診断」などの名称のコーナーです。これは数項目の情報を記入すれば、すぐにその金融機関での融資が可能かどうかの判定をしてくれます。
この簡易審査で融資が可能という判断であれば、その金融機関の審査に通る可能性は高いと判断していいですし、融資が出来ないという判定であれば100%審査に通らないと判断していいでしょう。ただし、簡易審査で融資可能という判断であっても100%審査に通るというわけではないことだけは知っておかなければなりません。